高濃度が良い理由|水素水のダイエットで運命を変えよう|楽しく生きる
女性

高濃度が良い理由

コップ

濃度が高いことの利点

女性を中心に人気が広がっている水素水ですが、溶け込んでいる水素の量が多い高濃度水素水の注目があがっています。水素の水への飽和濃度は1気圧では約1.6ppmになっています。つまり高濃度水素水は1.6ppmを超える量の水素が溶け込んでいる水素水と考えると良いでしょう。現在高濃度水素水として販売されている製品は、3.0ppmを超えているものもあり、最大7.0ppmといった製品も販売されています。水素濃度が高ければ、効果も高まるとは単純にはいきません。それは、体が吸収できる水素量は0.4ppmまでとされています。しかし、高濃度水素水の意味がないわけではありません。水素は水からどんどん抜ける性質があります。すぐに飲んだ場合でも半分以上は体外に排出されてしまうので、水素濃度が高ければ充分な量の水素を体内に入れることができます。過剰な分はそのまま排出されるので安心です。

保管の時にも利点あり

水素水を飲む方法は、アルミ容器に入った商品を購入する場合と、自宅で作成する方法があります。高濃度水素水は自宅で作成してすぐに飲めば水素が抜けてしまう前に飲みきることができますが、商品で購入した場合はどんな密閉容器であっても水素は抜けてしまうので高濃度水素水の意味がないと考えがちです。容器に水素が抜けることを防ぐ加工がしてあることが前提とした同じ容器に1.0ppmの水素水と3.0ppmの高濃度水素水が入っているとします。どちらも水素は徐々に抜けてしまいますが、水素水として効果が大きくなる1.0ppmの水素濃度が保てる期間を高濃度水素水の方が長くすることができます。自宅で保存してから飲む場合には、高濃度水素水を選択する利点があるのです。